Amazon出品完全ガイド【Amazon物販を成功させるポイントも紹介】

Amazon出品完全ガイド【Amazon物販を成功させるポイントも紹介】

門坂

今回は、Amazon出品について紹介しています。本記事を読むことで「Amazon出品はどんな人に向いているか」「出品の流れ」「出品時の注意点」が理解できます。

Amazon出品のメリット

Amazon出品のメリット

Amazon出品を検討する方の中には、どんなメリットがあるか分からない方も多いかと思います。

Amazonに出品することで、下記のようなメリットが得られます。

圧倒的なユーザー数

Amazonに出品すると圧倒的なユーザーに対して、商品を販売することができます。

Amazonの利用者数は5000万人以上と言われています。

これだけ多くのユーザーに対して販売できるのはメリットといえるでしょう。

出品が簡単

出品がとくかく簡単なのもAmazonのメリットです。

Amazonは「楽天」などと出品形態が異なります。

「楽天」はモール内に店舗を出店するといった形になるので、当然店舗ページを作成する必要があります。

これには多くの手間もかかり、個人ショップをブランディングしていく必要も出てきます。

しかし、Amazonは店舗を出店するというよりは、商品単体を出品する形態になるので、「楽天」よりも気軽に出品できます。

固定費が安い

固定費が安いのもAmazonのメリットです。

Amazonでは「大口」「小口」出品があり、「大口」でも月額の利用料は月額4,900円となります。

「小口」であれば固定費は無料となるので、固定費を抑えながら出品できます。

Amazon出品のデメリット

Amazon出品のデメリット

Amazon出品のデメリットはリピーター獲得が難しい点です。

ユーザーがAmazonで商品を購入するときは「あなたのショップから商品を買った」という認識ではなく「Amazonから商品を買った」という認識が強いためです。

そのため、他のプラットフォームのように、自社ショップの色を出すのが難しいといったデメリットがあります。

Amazonにも多くのリピーターがいますが、これはすべてAmazon全体のリピーターです。

このリピーターを獲得するための、独自の切り口を考えていく必要があるのもAmazonのデメリットでしょう。

Amazon出品はどんな人に向いている?

Amazon出品はどんな人に向いている?

Amazon出品のメリット・デメリットを理解したら、実際にどんな方にAmazonが向いているか見ていきましょう。

個人事業主

「実店舗で扱っている商品をAmazonで販売したい」「個人で仕入れた商品を販売したい」といった個人事業主にAmazonは向いています。

個人事業主の場合、配送業務やユーザー対応が課題になりますが、FBA(フルフィルメント by Amazon)というシステムを利用すれば、商品発送やユーザー対応を半自動化できます。

片手間でもAmazon出品ができるので、個人事業主にも向いているといえます。

EC事業を強化したい法人

EC事業を強化したい法人にもAmazon出品は向いています。

Amazonは、月間利用者数は5,000万人以上のプラットフォームとなるので、EC事業拡大にも最適です。

また、Amazon内にて広告出稿などの施策も整っているので、法人にも最適なプラットフォームといえます。

はじめて物販に挑戦する方

はじめて物販に挑戦する方にもAmazon出品は向いています。

Amazon出品では、1つの商品を気軽に出品できるため、物販初心者にも最適なプラットフォームです。

すでにAmazon上にて出品されている商品であれば、商品ページを作成する必要のない相乗り出品も利用できます。

Amazon出品の流れ

Amazon出品の流れ

Amazon出品の流れは下記4STEPで実施します。

  1. 小口と大口出品の選択
  2. セラーセントラルへ登録
  3. 商品登録
  4. 商品発送

【STEP①】小口と大口出品の選択

Amazonで出品するには、小口と大口出品の選択をはじめに実施します。

出品方法 特徴 料金
小口出品 相乗り出品のみ/出品カテゴリ制限あり 100円(1商品あたりの成約料)
大口出品 新規出品が可能/その他オプションの利用可能 4,900円(月額利用料)

本格的にAmazonでビジネス展開をしていくのであれば「大口出品」がおすすめです。

ただし、登録直後から月額利用料は発生するので、とりえずアカウント開設をしておきたい方は「小口出品」で登録しておきましょう。

Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品に違いについても解説!】 Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品の違いについても解説!】

【STEP②】セラーセントラルへ登録

出品形態が決定したらAmazonのセラーセントラルへ登録します。

セラーセントラルは、Amazonの出品管理ツールです。

セラーセントラル上で商品を出品したり、在庫管理を実施するので、Amazonで出品するためには必ず登録をしなくてはいけません。

登録方法に関しては、下記記事で紹介しています。

Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】 Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】

【STEP③】商品登録

セラーセントラルへの登録が完了したら、実際に商品を登録して商品を出品していきます。

商品出品方法には「新規出品」と「相乗り出品」の2つの方法があります。

「新規出品」は新しい商品ページを作成して出品する方法です。

商品画像や商品詳細文を自身で用意する必要があります。

「相乗り出品」は、すでに他の出品者が作成した商品ページに相乗りで商品を出品する方法です。

商品ページは作成されているので、自身で商品画像を用意する必要はありません。

Amazon相乗り出品のやり方を5STEPで紹介! Amazon相乗り出品のやり方を5STEPで紹介!

【STEP④】商品発送

Amazonで出品をして商品が売れたら、発送をします。

Amazonでは「自己発送」と「Amazon FBA」2つの発送方法があります。

Amazon FBAは、商品をあらかじめ、Amazonの倉庫に配送しておくことで、保管、ピッキングや梱包など、すべての配送をAmazonが代行していくれるサービスです。

Amazon FBAの登録方法や料金については、下記記事で紹介しています。

Amazon FBAには登録すべき?【特徴と登録方法を徹底解説】 Amazon FBAには登録すべき?【特徴と登録方法を徹底解説】

Amazon出品の手数料

Amazon出品の手数料

続いて、Amazon出品の手数料について紹介します。

Amazon出品では、主に下記4つの手数料が発生します。

  1. 月間登録料と基本成約料
  2. 販売手数料
  3. カテゴリー別成約料
  4. その他有料オプション

月間利用料と基本成約料

月間利用料と基本成約料は、Amazon出品で必ず発生する固定費用です。

小口出品の場合は、1つの商品を販売するにあたり100円の基本成約料が発生します。

大口出品の場合は、基本成約料はかかりませんが、月額4,900円の月間利用料が発生します。

販売手数料

販売手数料は、販売する商品のカテゴリーに対して発生する手数料です。

カテゴリーによって「8%~45%」の手数料が発生します。

詳細については下記記事で詳しく解説しています。

Amazon販売手数料完全ガイド【手数料の計算・確認方法も紹介】 Amazon販売手数料完全ガイド【手数料の計算・確認方法も紹介】

カテゴリー別成約料

カテゴリー別成約料は特定の商品に対してだけ発生する成約料です。

「本=80円」「CD/DVD/ビデオ=140円」を販売するとの成約料が発生します。

注意
カテゴリー別成約料は販売手数料とは別に請求されます。「本」をAmazonで販売した場合は「販売手数料+カテゴリー別成約料」の両方が発生します。

Amazonで本を出品する方法【手数料についても詳しく解説】 Amazonで本を出品する方法【手数料についての詳しく解説】

その他有料オプション

その他有料オプションは、Amazon出品にて有料サービスを利用したときに発生する料金です。

例えば、Amazon FBAを利用した時は「配送代行手数料」「在庫保管手数料」が別途必要となります。

Amazon出品を成功させるポイント

Amazon出品を成功させるポイント

Amazonでの出品を成功させるためのポイントを5つ紹介します。

Amazonランキングを参考にする

Amazonランキングを参考にする

Amazonには「売れ筋ランキング」「新着ランキング」「ほしい物ランキング」などさまざまなランキングがあるので、出品する商品の参考にしましょう。

Amazonのランキングは、売上金額ではなく売上回数でランキングが変動します。

ランキングを参考にするときは、ただ上位商品を参考にするだけはいけません。

ランキング上位の商品は確かに売れますが、競合他社の規模が大きいなどのリスクがあります。

例えば、大企業が販売している商品と同じものを仕入れても、個人には独自の仕入れルートがないので、競合よりも安く販売するのは難しいでしょう。

ランキングを参考にする順位は、カテゴリによって異なりますが、書籍であればで、ランキング10000位以内で一週間程度で売れるイメージです。

時間をかけて販売していいくか、薄利多売でもいいので回転率重視で商品を回していくか、自分のルールを決めながらAmazonで出品していきましょう。

Amazonユーザーを理解する

Amazonユーザーを理解する

Amazon出品を成功させるには、Amazonユーザーのニーズを理解する必要があります。

Amazonを利用するほとんどのユーザーは「送料無料」「すぐに商品が届く」といったニーズがあります。

これがAmazonのブランディングといっても良いでしょう。

そのため、FBAを利用せず「Primeマーク」が商品についていないだけでも、ユーザーの選択肢から外れることも多くなります。

「Primeマーク」をつけないだけで、Amazonで販売するためのスタートラインにも立てないということです。

Amazonで販売をするのであれば、多くのユーザーが求める「送料無料」「すぐに商品が届く」この2点の条件をクリアにする必要があります。

スポンサープロダクト利用する

Amazonランキングを参考にする

Amazon出品を成功させるには、スポンサープロダクトの利用も有効です。

スポンサープロダクトは、Amazon内の「検索結果ページ」「商品詳細ページ」に出稿できる広告サービスです。

広告を出稿すると、すぐに広告が掲載されるため、即効性がある集客が実現できるだけではなく、広告をクリックして課金される仕組みなので、費用対効果が高い特徴もあります。

注意点としては、商品ページを最適化した後に広告出稿することです。

広告をクリックしても商品ページが最低化されていないと購入前にユーザーが離脱する可能性があります。

そうなると、無駄な広告費用だけ発生するので、出稿のタイミングが重要となります。

セール価格表示を活用する

セール価格表示を活用する

Amazon出品を成功させるには、セール価格表示の活用も有効です。

セール価格表示とは「参考価格:19,800円→セール価格:9,800円」といったような表示となります。

Amazonセラーセントラルのセール価格表示から簡単に設定できるので試してみましょう。

ただし、セール価格表示には、消費者庁によって示されているガイドラインを守る必要があります。

例として、参考価格に表示される価格は、実際にその価格での販売実績が必要といったような決まりがあるので、必ず守るようにしてください。

カートボックス獲得を目指す

Amazon出品を成功させるには、カートボックス獲得を目指す必要があります。

カートボックス獲得は、大口出品者のみに与えられる権利です。

カートボックスを獲得できれば、商品ページの「カートに入れる」「今すぐ購入」ボタンが有効になるので、多くの売り上げが見込めます。

Amazonのカートボックス獲得で重要とされているのは下記3つです。

  1. 販売価格
  2. 在庫状況
  3. 配送スピード
ライバルよりも、安い価格で出品し、在庫を切らすことなく、配送スピードのも気を付けることで、カートボックスを獲得しやすくなります。

FBAなど、Amazonのオプションを有効活用しながら、カードボックス獲得を目指しましょう。

Amazon出品の注意点

Amazon出品の注意点

最後にAmazon出品の注意点を3つ紹介します。

利益計算をしっかり実施する

Amazon出品するときは、利益計算をしっかり実施しましょう。

Amazonでは「販売価格=販売利益」ではありません。

販売価格から、カテゴリーごとにかかる手数料や送料を差し引いた金額が利益となります。

利益計算がしっかりできていないと、赤字になってしまう可能性もあるので、Amazonで用意されている利益計算ツールを活用しながら出品しましょう。

個人情報を公開される

個人でAmazonに出品する場合「氏名」「住所」「電話番号」などの個人情報は公開されます。

ネットショップとして運用を始めるのであれば、この情報公開は避けられません。

そのため、プライバシーが公にされることに不安を感じる方は注意が必要です。

個人情報を公開したくない場合は「レンタルオフィスを借りる」「IP電話を使う」などの対策をする必要があると覚えておきましょう。

Amazonで怪しい出品者にならないように心がける

Amazonで怪しい出品者にならないように心がける必要があります。

Amazonでは、近年商品が届かないといったようなトラブルも報告されているため、ユーザーも出品者を選ぶときに慎重になっています。

特に出品当初では、怪しい出品者と思われないように「丁寧な対応をして良い評価をためる」「正確な出品者情報を記載する」などの対策を実施して、ユーザーの不安を取り除いてあげましょう。

まとめ

Amazon出品完全ガイドを紹介しました。

Amazon出品には下記メリットがあります。

  • 圧倒的なユーザーに対して、商品を販売することができる
  • 出品が簡単
  • 固定費が安い
Amazon出品は下記のような方に向いています。
  • 個人事業主
  • EC事業を強化したい法人
  • はじめて物販に挑戦する方
Amazon出品の流れは下記4STEPで実施します。
  1. 小口と大口出品の選択
  2. セラーセントラルへ登録
  3. 商品登録
  4. 商品発送

門坂

かどさか物販大学公式HPも是非参考にしてください!Amazonに関する個別の質問はLINE@で受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。