Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品の違いについても解説!】

Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品に違いについても解説!】

門坂

こんにちわ!今回はAmazon出品に必要なもの5選!を紹介しています。Amazonへの出品を検討しており、何を準備してい良いかわからないという方は、ぜひ最後まで御覧ください。
この記事を読むとわかること
  • Amazon出品で必要なもの5つ
  • 「小口」「大口」どちらに出品するべきか

Amazon出品に必要なもの5選!

Amazon出品に必要なもの5選!

Amazon出品に必要なものは下記5つです。

  1. パソコン
  2. 銀行口座
  3. クレジットカード
  4. 過去180日以内に発行された各種取引明細書
  5. 顔写真入りの身分証明書

各詳細について紹介していきます。

【Amazon出品に必要なもの①】パソコン

【Amazon出品に必要なもの①】パソコン

Amazon出品に必要なもの1つ目は、パソコンです。

Amazon出品では、利益計算や在庫管理などでExcelを利用することが多くなるため、パソコンが必須となります。

スマートフォンだと、作業効率が悪くなるのでパソコンを用意しましょう。

また、Amazon出品アカウントを開設するにあたり、メールアドレスも必要になるので「Gmail」「Yahoo!メール」なども開設しておきましょう。

注文が入ったときにすぐ対応できるように、確認しやすいメールアドレスがおすすめです。

【Amazon出品に必要なもの②】銀行口座

【Amazon出品に必要なもの②】銀行口座

Amazon出品に必要なもの2つ目は、銀行口座です。

Amazonが入金を行うための銀行口座をアカウント発行時に登録する必要があります。

PayPalなどのオンライン決済サービスやクレジットカードは、資金の振り込みには利用できないので注意が必要です。

また、ネット銀行を開設すれば、わざわざATMに出向かなくても入出金が可能となるので作業効率が良くなります。

  • 楽天銀行
  • 住信SBI
  • PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
などであれば口座開設も簡単に行うことができます。

MEMO
他の収支と混ざらないよう、こちらもAmazon用の銀行口座として管理がおすすめです。

【Amazon出品に必要なもの③】クレジットカード

【Amazon出品に必要なもの③】クレジットカード

Amazon出品に必要なもの3つ目は、クレジットカードです。

クレジットカードは、Amazonでの本人確認や手数料を支払うときに使用します。

Amazonの大口出品では、毎月4,900円の手数料が発生します。

基本的に、手数料は商品の売り上げ金から引き落とされますが、売り上げがなかった場合は、事前に登録したクレジットカードから手数料が引き落とされます。

また、クレジットカードは商品の仕入れにも利用できるので、お持ちでない方は作成しておきましょう。

支払いのたびにポイントが貯まる「楽天カード」か「ヤフーカード」がおすすめです。

MEMO
クレジットカードは、プライベートで使用しているもの以外の登録をおすすめします。プライベートと一緒にすると確定申告のときの計算が大変になります。

【Amazon出品に必要なもの④】顔写真入りの身分証明書

【Amazon出品に必要なもの④】顔写真入りの身分証明書

Amazon出品に必要なもの4つ目は、顔写真入りの身分証明書です。

Amazonでは「パスポート」「運転免許証」等の顔写真入りの身分証明書が必要になります。

マイナンバーカードは不可となっているので注意が必要です。

身分証明書は、インターネット上から提出する流れになります。

提出前に下記内容を必ず確認するようにしてください。

  • 身分証記載の氏名とAmazonに登録する名前が一致しているか
  • 身分証には顔写真が入っているか
  • 身分証は有効期限は切れていないか
  • スクリーンショット(画面キャプチャ)ではなく、カメラで作成しているか
  • 画像またはPDFデータはカラーである (白黒は審査対象外)
  • ファイル形式は次のいずれかである: *.png, *.tiff, *.tif, *.jpg, *.jpeg, *.pdf.
  • ファイル名に特殊記号(例: $, &, #)を使用していないか
注意
法人の場合は上記とは別に「登記簿謄本」が必要になります。

【Amazon出品に必要なもの⑤】過去180日以内に発行された各種取引明細書

【Amazon出品に必要なもの⑤】過去180日以内に発行された各種取引明細書

Amazon出品に必要なもの5つ目は、過去180日以内に発行された各種取引明細書です。

こちらもAmazon出品アカウントに必ず必要になるので、以下のいずれか1つを準備する必要があります。

  • クレジットカード利用明細書
  • インターネットバンキング取引明細
  • 預金通帳の取引明細書
  • 残高証明書
各詳細は下記の通りです。

クレジットカード利用明細書

手元に利用明細がある場合 スマートフォンで撮影をした画像ファイルを提出
Webの利用明細 PDF形式でダウンロード可能な利用明細のみ

インターネットバンキング取引明細

過去180日以内の入出金履歴が確認できる取引明細をPDF形式にてダウンロードして提出します。

こちらもスクリーンショットは対象外です。

預金通帳の取引明細書

過去180日以内の最終取引履歴が確認できるページと氏名が確認できるページをスマートフォンで撮影し、画像ファイルを提出します。

残高証明書

発行日が過去180日以内の残高証明書をスマートフォンで撮影し画像ファイルを提出します。

Amazon出品アカウント作成方法に関しては下記記事を参考にしてください。

Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】 Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】

個人の場合Amazonの「小口」「大口」どちらに出品するべき?

個人の場合Amazonの「小口」「大口」どちらに出品するべき?

出典:Amazon

Amazon出品に必要なもの5選を紹介しました。

準備が完了したら、あとはAmazon出品アカウントを開設するだけですが、Amazonには「小口」「大口」と2つの出品サービスが設けられています。

個人の場合どちらが適しているか見てみましょう!

Amazon大口出品・小口出品の違い

大口出品 小口出品
月間利用料 4,900円 無料
成約料金 無料 100円(1商品)

Amazonの大口出品には、月額4,900円の利用料が発生します。

小口出品の場合は、商品が1つ売れるごとに100円の成約料金が発生します。

そのため、毎月50点以上販売する方は大口出品がお得です。

小口→大口出品がおすすめ!

販売前は小口でひとまず登録を済ませ、実際販売商品が決定していよいよというタイミングで大口に切り替えましょう。

大口出品と小口出品の違いは他にもあります。

代表的な大口出品のメリットを紹介します。

  • 新規出品が可能(小口は相乗り出品のみ)
  • 「一括出品ツール」と「注文管理レポート」が利用できる
  • 配送料金や日時指定の詳細設定が可能
  • カテゴリー申請ができる
  • 「コンビニ決済」「代金引換」などの決済に対応できる
  • マケプレプライムの利用が可能
他にもありますが、大口出品には多くのメリットがあります。

メリットの中には、ユーザーの利便性を向上させるサービスが多いため、商品が売れやすくなります。

まとめ

Amazon出品に必要なものは下記5つです。

  1. パソコン
  2. 銀行口座
  3. クレジットカード
  4. 過去180日以内に発行された各種取引明細書
  5. 顔写真入りの身分証明書

門坂

かどさか物販大学公式HPも是非参考にしてください!Amazonに関する個別の質問はLINE@で受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。