Amazon FBAには登録すべき?【特徴と登録方法を徹底解説】

Amazon FBAには登録すべき?【特徴と登録方法を徹底解説】

門坂

今回はAmazon FBAについて紹介しています。FBA利用を検討している方は、是非、参考にしてください!
この記事を読むとわかること
  • Amazon FBAのメリット
  • Amazon FBAのデメリット
  • Amazon FBAの登録方法

【登録前に確認!】Amazon FBAとは?

【登録前に確認!】Amazon FBAとは?

FBAとは「Fulfillment by Amazon」の略で、注文処理や配送サービスを自動化する手段として、Amazonが提供するサービスです。

Amazon FBAに登録している人は誰でも、返品や返金、Amazonの倉庫での商品の保管、ピッキングや梱包など、すべての配送をAmazonに処理させることができます。

出品者は商品をAmazonに送ることで、Amazonがすべての商品を倉庫に保管し、注文が届いたときにすべての注文を処理してくれます。

Amazon FBAのメリット

Amazon FBAのメリット

Amazon FBAのメリットは下記の通りです。

配送業務の自動化

Amazonがすべての作業を実施してくれるため配送業務の自動化が可能です。

出品者は、商品リストを確認するだけの業務となるので、物販における多くの作業の負担を軽減することができます。

返品管理対応を実施してくれる

FBAでは、販売に加えて返品と返金も処理も実施してくれます。

また、独自のカスタマーサービスを提供しているので、お客様からの問い合わせ対応も可能です。

プライムの送料無料サービスが利用できる

FBAを利用するとプライムの送料無料サービスが利用できます。

プライムサービスは、お急ぎ便やお届け日時指定便などが無料で利用できるサービスとなるので、お客様が商品を購入する決め手にもなります。

このサービスが利用できるのも、FBAの大きなメリットの1つです。

在庫スペースの確保

FBAを利用すると多くの在庫スペースを確保できます。

FBAがないと商品在庫スペースを自宅に設けなくてはいけませんが、FBAを利用すれば、その心配もいりません。

Amazonには、たくさんの商品を保管できる倉庫が全国にあるため、自身で商品の在庫スペースを確保する必要がありません。

オムニチャネルフルフィルメントの利用が可能

FBAを使用すると、Amazonプラットフォームを介して販売できるだけでなく、新しいマルチチャネルフルフィルメントソリューションにもアクセスできます。

例えば「楽天」「Yahoo!ショッピング」で注文が入った時でも、Amazonの倉庫から商品を出荷することもできます。

今後、販路をどんどん広げていきたい方にも、FBAの登録はメリットがあります。

Amazon FBAのデメリット

Amazon FBAのデメリット

Amazon FBAには、下記のようなデメリットもあります。

手数料がかかる

Amazon FBAは、とても便利なサービスですが、手数料がかかります。

必ずかかる手数料としては「配送代行手数料」「在庫保管手数料」の2点です。

この他にも「返品手数料」「長期在庫保管手数料 」などが発生する可能性もあります。

そのため、利益が低い良品の場合は、FBAが利用が適していない可能性もあります。

FBAを利用するときは事前に「FBA料金シュミレーター」を活用して利益を計算してから利用をおすすめします。

ラベル発行等の作業が発生する

Amazon FBAを利用するときは、自身で商品ラベルを発行して商品のラベルを貼り付けてFBA倉庫に発送をします。

このラベルで、商品が管理されるため、この作業は必ず発生します。

ただし、オプションサービスにはなりますがAmazon FBAではラベル貼付サービスが設けられています。

しかし、オプションとなるので下記費用がかかります。

分類 サイズ 重量 ラベル1枚あたりの手数料
小型サイズの商品 25x18x2cm以下 250g以下 20円
標準サイズの商品 45x35x20cm以下 250g以上9kg以下 20円
大型サイズの商品 45x35x20cm 9kg超 51円

※税込表示

また、このサービスが利用できる条件として、バーコード(JAN,UPC,EANなど)が、各商品についている事とバーコードがamazonに登録されている必要もあります。

FBAの登録方法

FBAの登録方法は下記の通りです。

STEP.1
商品登録

はじめに、セラーセントラルにログインして、FBAに登録したい商品を登録します。

商品登録方法については下記記事で紹介しています。

Amazon相乗り出品のやり方を5STEPで紹介! Amazon相乗り出品のやり方を5STEPで紹介!
STEP.2
フルフィルメントチャネルの項目選択

出品情報入力画面で「価格」「コンディション」を入力します。

その後「フルフィルメントチャネル」にて、「Amazonが発送し、カスタマーサービスを提供します(Amazonから出荷)」を選択し、「保存して終了」を選択します。

STEP.3
参加規約に同意

フルフィルメントby Amazon参加規約を読み、その内容に同意します。

STEP.4
Amazonラベル選択

続いて、上記のような画面になるので「Amazonの商品ラベル」を選択して「保存して次に進む」を選択します。

STEP.5
発送元の入力

発送元を入力します。

これはFBAの倉庫への発送元となります。

その後「情報/アクション」を選択します。

STEP.6
情報/アクションの入力

「各ユニットの梱包」から該当するものを選択してください。

「誰が商品に梱包準備をしますか?」では、「自分」か「Amazon」を選択します。

「Amazon」を選択した場合は、デメリットでも紹介した、手数料が別途発生します。

STEP.7
出荷する数量選択

出荷する数量を選択して、「梱包準備完了」を選択します。

STEP.8

「SKUラベルをすべて印刷します」を選択して、ラベルを印刷します。

印刷したラベルは商品に貼り付けます。

STEP.9
梱包情報選択

「すべて1つの輸送箱に収まります」「複数の輸送箱が必要になります」を選択して、最後に「確定」を選択します。

STEP.10
輸送箱の梱包情報入力

輸送箱の梱包情報入力「サイズ」と「重量」を入力します。

STEP.11
出荷通知の送信

出荷予定日を入力します。

納品先の住所を確認し、配送業者をこちらで選択します。

STEP.12
出荷通知

請求額を確認して問題なければ「出荷通知」を送信します。

STEP.13
輸送箱ラベルを印刷

最後に輸送箱ラベルを印刷します。

ラベルは各輸送箱に貼付します。

配送が完了したら「すべて出荷済みとしてチェック」を選択すればすべての工程完了です

まとめ

Amazon FBAは、注文処理や配送サービスを自動化する手段として、Amazonが提供するサービスです。

Amazon FBA登録には、下記のようなメリットがあります。

  • 配送業務の自動化
  • 返品管理対応を実施してくれる
  • プライムの送料無料サービスが利用できる
  • 在庫スペースの確保
  • オムニチャネルフルフィルメントの利用が可能

門坂

かどさか物販大学公式HPも是非参考にしてください!Amazonに関する個別の質問はLINE@で受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。