Amazonの大口出品を徹底解説【出品形態を切り替える方法も解説】

Amazonの大口出品を徹底解説【出品形態を切り替える方法も解説】

門坂

今回はAmazonの大口出品にて紹介しています!Amazon大口のメリットや手数料のついて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 Amazonの大口出品とは

 Amazonの大口出品とは

Amazonの大口出品は、月額の登録を支払うことで利用できる出品形態です。

小口出品では不可となる「新規出品」が可能になったり、在庫ツールを使って商品データを一括ファイルをアップロードできるなど、さまざまメリットがあります。

Amazonの大口出品のメリット

Amazon FBAのメリット

Amazonの大口出品を利用すると下記のようなメリットがあります。

新規出品が可能

Amazonの大口出品では新規出品が可能です。新規出品とはAmazon上で新たに商品ページを作成することです。

Amazonで多くの利益を得るには、OEM・ODMといったオリジナル商品を出品していく必要があります。

OEM・ODM出品では、新規出品がマストとなるため、本格的にAmazonでビジネスを始めるのであれば大口出品が必須です。

カートボックスが獲得できる

Amazonの大口出品では、カートボックスを獲得できる権利が与えられます。

カートボークスとは、上記のようなAmazonの商品ページに表示されることです。

Amazonでは、1つの商品を対して多くのユーザーが出品しています。

カートボックスを獲得できると「カートに入れる」「今すぐ買う」といったアクションが見込みやすいページを独占できるということです。

カートボックスを獲得できていない場合は、上記画像のように出品者一覧として商品が表示されます。

カテゴリー制限の解除が可能

Amazonの大口出品では、小口出品では制限されているカテゴリーの商品を出品できます。

小口出品では「アパレル」「ヘルス&ビューティー」「時計」といったカテゴリに出品することはできませんが、大口出品では申請をすれば上記カテゴリへの参入することが可能です。

商品の一括登録とビジネスレポートが利用可能

Amazonの大口出品では、商品の一括登録とビジネスレポートが利用可能です。

商品の一括登録では商品登録作業を効率化できるので、他プラットフォームからAmazonに移行する出品者におすすめです。

ビジネスレポートでは、ユーザーの購買行動などを分析できるレポートを作成できます。

ユーザーの購買行動を分析することで、さらに売り上げを向上できます。

基本成約料が無料

Amazonの大口出品では、基本成約料が無料です。

基本成約料は商品が1つ売れるたびにAmazonに支払う料金です。

小口出品の場合、商品が1つ売れる度に、100円の費用が発生しますが、大口出品ではこの費用は掛かりません。

Amazon大口出品の手数料

Amazon大口出品の手数料

Amazon大口出品の手数料は下記の通りです。

  • 月間登録料(月額4900円)
  • 販売手数料(商品価格の5%~45%)
  • カテゴリ成約料(本、ミュージック、DVD、ビデオのみ)
Amazonの大口出品では「月間登録料」と「販売手数料」のみで出品できます。

出品する商品カテゴリーが「本」の場合80円のカテゴリ成約料がかかり「ミュージック」「DVD」「ビデオ」であれば140円の成約料が別途発生します。

Amazon販売手数料完全ガイド【手数料の計算・確認方法も紹介】 Amazon販売手数料完全ガイド【手数料の計算・確認方法も紹介】

Amazon大口出品の登録方法・やり方

Amazon大口出品の登録方法

こちらのページからページ真ん中の「さっそく始める」を選択します。

右上の「さっそく始める」は小口出品登録となるので注意が必要です。

その後は、下記8STEPで大口出品に登録できます。

  1. メールアドレス認証
  2. 事業所情報入力
  3. ビジネス情報入力
  4. 出品者情報入力
  5. 請求先情報入力
  6. ストア情報入力
  7. 身分証明書提出
  8. ビデオ面談
登録手順については下記記事で、詳しく解説しているので参考にしてください。

Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】 Amazonセラーセントラルの登録方法【面談対策についても紹介!】

Amazonの大口出品は個人でも登録できる?

Amazonの大口出品は個人でも登録可能です。

Amazonの大口出品に登録するには下記5つを準備してから登録に臨みましょう。

  1. パソコン
  2. 銀行口座
  3. クレジットカード
  4. 過去180日以内に発行された各種取引明細書
  5. 顔写真入りの身分証明書
Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品に違いについても解説!】 Amazon出品に必要なもの5選!【小口・大口出品の違いについても解説!】

Amazonの大口出品の審査は厳しい?

Amazonの大口出品の審査は厳しくはありません。

大口出品のアカウントを作成時に身分証を提示すると、その後、ビデオ面談がありますが面談の目的は、本人確認です。本人確認ができる書類され準備できれば、審査には受かります。

大口出品に登録をして、なかなか返答がない場合は、下記内容を確認してみてください。

  • 身分証の住所等に変更点はないか
  • アップロードした写真はピンボケしていないか
  • 過去にAmazonアカウントでペナルティを受けていないか

Amazonの大口から小口への切り替え方法

Amazonで大口出品に登録したが、小口に切り替えたい場合は下記手順で変更できます。

STEP.1
セラーセントラルにアクセス

セラーセントラルにアクセスして右上の「設定」→「出品用アカウント情報」を選択します。

STEP.2
サービスの管理

ご利用中のサービスの中にある「サービスの管理」を選択しましょう。

STEP.3

Amazon出品サービスを「大口出品」→「小口出品」に切り替えて「登録」を選択すれば完了です。

注意
「大口出品」→「小口出品」に切り替えた場合、月額利用料(4,900円)は発生しなくなりますが、出品している商品ステータスはそのままです。商品が売れる度に「100円」の成約料は発生するので注意が必要です。

まとめ

Amazonの大口出品は、月額の登録を支払うことで利用できる出品形態です。

小口出品では不可となる「新規出品」が可能になったり、在庫ツールを使って商品データを一括ファイルをアップロードできるなど、さまざまなメリットがあります。

Amazonの大口出品のメリットは下記の通りです。

  • 新規出品が可能
  • カートボックスが獲得できる
  • カテゴリー制限の解除が可能
  • 商品の一括登録とビジネスレポートが利用可能
  • 基本成約料が無料

門坂

かどさか物販大学公式HPも是非参考にしてください!Amazonに関する個別の質問はLINE@で受け付けているので、お気軽にお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。